篠山について

篠山市は兵庫県の中東部に位置しており、豊かな自然や古い町なみが残る美しい城下町です。
東は京都府、南は大阪府に隣接し、京都、大阪、神戸から約1時間程度の場所にありながら、こうした自然豊かな農村風景や、古い町なみが残っていることは「奇跡的」と言われることもあり、多くの観光客でにぎわっています。
また、農業が盛んで、主な特産物は、丹波篠山黒豆(黒枝豆)や丹波篠山山の芋、丹波栗、丹波松茸、丹波茶があります。
伝統工芸品は丹波焼、王地山焼、丹波木綿などがあり、クラフト部門でユネスコ創造都市ネットワークに加盟しています。
また、全国的に知られる「デカンショ節」のふるさとでもあり、8月には「デカンショ祭」が盛大に行われます。このデカンショ節では、篠山の魅力や特産物が歌詞になっており、現在も新しい歌詞が生まれています。このデカンショ節をテーマとして、篠山市は文化庁より「日本遺産」に認定を受けました。
ほかにも、「丹波焼陶器まつり」や「味まつり」などのさまさまなイベントが年間を通じて行われます。
最近は、古民家を活用したホテルや喫茶店などがオープンし、新しい賑わいが生まれています。