丹波焼の窯元公開!5月「やきものの里 春ものがたり」

「丹波焼」の魅力に触れる年に一度のお祭

日本六古窯のひとつに数えられている丹波焼。篠山市では、例年5月の大型連休の期間に開催されるイベント「やきものの里 春ものがたり」では、丹波焼の窯元を見学することができます。

窯元の作陶風景は、普段は覗くことはできませんが、このイベントでは、期間限定で窯元の見学ができ、器の表面を削る技法「しのぎ」や装飾技法のひとつ「刷毛目」など、数々の伝統技法の実演を見ることができます。また道具の説明や使い方、土づくりから絵付けまで、他の焼き物イベントでもなかなか見ることのできない内容も見学できます。丹波焼の元となる粘土を作る工場も、イベント期間だけは見学できます。丹波焼独特の、登り窯での焼成もぜひ見ておきましょう。

より一層丹波焼を身近に感じることができることでしょう。

実演以外にも期間限定のカフェや陶芸教室(有料)など、窯元それぞれがこだわりのおもてなしで出迎えてくれます。この機会に作陶にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「やきものの里 春ものがたり」で体験できること

「やきものの里 春ものがたり」のイベントでは、窯元の見学だけでなく、「立杭陶の郷」「兵庫陶芸美術館」「こんだ薬師温泉ぬくもりの郷」の3館もイベント会場となり、いろいろな催しが開催されます。

「立杭陶の郷」では、窯元の新作発表や展示販売、陶芸教室などを行っています。中庭では、グルメや雑貨が楽しめるマルシェイベントも。「兵庫陶芸美術館」では、古陶磁器や現代陶芸作品の展示、ワークショップや講演などが開催されます。

また、丹波焼を湯舟船と床に使用しているという「丹波焼 陶板風呂」と、特産の丹波石を使った「丹波石 岩風呂」のある「こんだ薬師温泉ぬくもりの郷」もお楽しみください。内風呂はすべて源泉かけ流し。露天風呂で心ゆくまで温泉に浸かりましょう。訪れた人を癒す、丹波焼の里。新緑のシーズンに、窯元巡りをしてみませんか。

インフォメーション

名称:やきものの里 春ものがたり
会場:丹波焼窯元群、立杭陶の郷、兵庫県陶芸美術館、こんだ薬師温泉ぬくもりの郷
住所:篠山市今田町
TEL:079-597-2034(立杭陶の郷)、079-597-3961(兵庫陶芸美術館)、079-590-3377(こんだ薬師温泉ぬくもりの郷)
URL:https://tanbayaki.com/ https://tanbayaki.com/english/english.html(英語版)
アクセス:JR福知山線「相野」駅下車、神姫グリーンバス兵庫陶芸美術館行、または清水寺行「陶の郷前」「兵庫陶芸美術館」下車すぐ
開催日:5月   
料金:
・各窯元の陶芸教室などは別途有料(各窯元による。HP参照)
・立杭陶の郷は高校生以上200 円、小中学生50 円(5月3日~5日は入園無料)、陶芸教室は別途有料(HP参照)
・兵庫県陶芸美術館は5月3日~5日は以下の特別割引料金でご観覧いただけます。
一般1,000円→800円(5月3日~5日)、大学生:800円→600円(5月3日~5日)、高校生以下無料、70 歳以上の方は半額、
17 時以降の観覧は夜間料金(半額)
・こんだ薬師温泉ぬくもりの郷は大人(12 歳以上)700 円、小人(6~11 歳)300 円、幼児(5 歳以下)無料、障がい者割引:12 歳以上300 円、6~11 歳以上150 円
※障がい者手帳をご持参下さい。手帳1 冊につき、ご本人と付添いの方1名が割引となります。