粒の大きさと甘みはトップクラス「丹波栗」

丹波栗の味と栄養価

丹波篠山では、古くから旧藩主(領主)らが朝廷に献上するなど、大粒の栗「丹波栗」が有名です。成分は炭水化物を中心に、ショ糖なども含んでいます。また、ビタミンB1、Cも含まれた、消化吸収のよい食材でもあります。丹波栗は粒の大きさとまろやかな甘さで、栗の王様と定評があります。

丹波栗のおいしさの秘密は、生育にちょうどいい丹波篠山の気候風土と手間ひまかけた栽培管理にあります。大粒の丹波栗の生産には、適度に実の成り方を調整するため枝を切る剪定作業が必要になります。収穫は栗拾いから選別作業、虫対策の温湯処理、袋詰めへ。生産者の愛情と、よりよい丹波栗を生産するための努力が感じられます。

丹波栗を味わえるイベント

丹波栗の旬は9月中旬から10月中旬。この時期には「丹波栗」目当ての観光客も目立つほどです。毎年10月に開かれる食のイベント「丹波篠山味まつり」で行われる「丹波栗品評会」では、その年の出来栄えが評価されるなど、篠山市の各イベントでも丹波栗が登場します。

販売される栗は害虫よけのために温湯処理されていますが、購入した場合は自分でも温湯処理すると安心です。温湯処理した栗を陰干ししたら、結露を防ぐため穴をあけたビニール袋に入れ冷蔵庫へ。冷蔵庫で2~3週間保存することで糖度が増すので、しばらく眠らせておくとよいでしょう。栗ごはん、ゆで栗、焼き栗、栗甘露煮、栗の渋皮煮など、多様な料理で丹波栗をお楽しみください。